SISS20(Japanese)

TOF-SIMS, D-SIMS, Atom Probe, SNMSおよびその関連分野に関する国際シンポジウムを開催いたします。イオンを活用した新たな計測手法への展開を目指して活発な議論ができる場にしたいと考えています。皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

■日程:2018年6月28日(木)、29日(金)

■会場:成蹊大学14号館4階 大会議室

また、6月27日(水)には同会場でSIMS研究会11の開催を予定しております。
(6月27日夕刻に懇親会(無料)を計画しております。)

■プログラム:調整中

———————————
■招待講演者(予定):
  Rasmus Havelund (National Physical Laboratory)
  Dieter Isheim (Northwestern University)
  Motoo Ito (Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology)
  Yuji Kataoka (Fujitsu Laboratories Ltd.)
  Jae Young Kim (Daegu Gyeongbuk Institute of Science & Technology)
  Haiyang Li (Dalian Institute of Chemical Physics, Chinese Academy of Sciences)
  Ichiro Mihara (KURARAY)
  Naoya Sakamoto (Hokkaido University)
  Jonathan V. Sweedler (University of Illinois)
  Miyuki Takeuchi (University of Tokyo)
  Wilfried Vandervorst (IMEC, KU Leuven)
  Fuyi Wang (Institute of Chemistry, Chinese Academy of Sciences)
  Roger Webb (University of Surrey)
———————————

■発表募集:
 申込期限 口頭発表  2018年4月6日(金)まで
      ポスター発表  2018年5月18日(金)まで

発表希望者は以下のフォームに記入の上,
submitを押してください。

Name (氏名)

e-mail address

Affiliation (所属)

Title (発表題目)

Brief Abstract (up to 100 words)

Presentation style Oral Poster

なお、SISS-20より優れたポスター発表を行った講演者に加連賞(Karen Award)が贈られます。積極的なご投稿をお待ちしております。

■発表方法:
口頭発表は英語での発表をお願いします。
スライド、ポスターは必ず英文で作成してください。
ポスター発表では、2分程度のショートプレゼンテーションもお願いしています。

■要旨提出:
発表者には要旨の提出をお願いいたします。
MS-WordもしくはPDFファイルを(A4 page size, 1 page or 2 pages)
下記アドレスまでご提出ください。

要旨テンプレート

(送付先アドレス) siss.secretary@siss-sims.com

■要旨提出期限:
2018年5月18日(金)まで

■参加費:
一般 5,000円、学生 2,000円

———————————

組織委員長
  圦本 尚義(北海道大学)
実行委員
  清水 康雄(実行委員長、東北大学)
  鮫島 純一郎(プログラム委員長、東レリサーチセンター)
  青柳 里果(成蹊大学)
  石川 真起志(アメテック)
  大岩 烈(シエンタオミクロン)
  大柿 真毅(日立ハイテクサイエンス)
  大友 晋哉(古河電気工業)
  岡本 昌幸(花王)
  工藤 正博(成蹊大学)
  齋藤 玲子(東芝)
  榊 篤史(日亜化学工業)
  鈴木 隆彦(アルバック・ファイ)
  高野 明雄(トヤマ)
  趙 成洙(アメテック)
  西野宮 卓(新日鐵住金)
  二宮 啓(山梨大学)
  野島 雅(東京理科大学)
  松尾 二郎(京都大学)
  三原 一郎(クラレ)
  山㟁 崇之(成蹊大学)
  横山 有太(高知工業高等専門学校)